若ハゲになっちゃったらごまかす?剃る?

加齢と共に髪の毛が薄くなってしまうのは仕方がないことです。
いつかはハゲるとわかってはいても、いざその日が来るとジタバタしてしまうのが人の常です。
若くしてそんな日を迎えてしまう人も、残念ながらかなりいます。
そうなってしまった時問題なのは、ハゲてしまったことそのものより、どう振る舞うかということです。

若くしてハゲてくると、できる髪型は少なくなります。
十分な頭髪があるからこそできる髪型というものが、意外と多いことに気がついてしまいます。
困るのは、頭髪が薄いせいで、今までしてきた髪型だと不自然に感じられることです。

こうなると、別の髪型にせざるを得ません。
まず最初に多くの人が試みるのは、何とかごまかせないかと模索することです。
最も多いパターンは、ハゲてきた部分を目立たせなくする工夫です。
長めにして覆い被してみたり、まだ髪の毛がある部分からない箇所へ髪の毛を流すように持ってきたりします。
薄くなっている範囲がまだ狭ければこの方法で功を奏することもありますが、多くの場合は残念な結果になります。

薄くなった髪の毛を目立たないように頑張ると、よほど上手にやらなければ不自然さを周りに感じさせないのは難しいです。
あれ、なんか変だな、と思われてしまうと、逆に目立ちます。

前からハゲるタイプの人に多いのは、前髪を伸ばし、垂らすタイプです。
前髪を横一直線に揃えれば薄くなった部分は隠れます。
この髪型は似合う人と似合わない人が割とはっきり分かれますが、似合えばごまかせる可能性は高くなります。
前髪をすいて隙間があるようだと、風に極端に弱い髪型になってしまい、外に出る時常に気になってしまうので要注意です。

若くして頭頂部からハゲてきた時、サイドを伸ばして分け目の位置に気をつければ、ある程度はごまかせます。
ただハゲが進行すると普段は何とかごまかせても、上から見た時、またはおじぎをしたような格好になった時、ショックを周りに与えてしまいます。
この場合、よりカモフラージュできるのは、地肌に近い色に染めるという方法です。
明るめのブラウンなどに染めれば、かなり近くで見ないとわからない程度にはごまかせます。

人のふり見て我がふり直せと言いますが、若ハゲにもこの言葉は当てはまります。
ハゲを必死に隠そうとしている姿に気づいてしまった時、何とも悲しく残念な気持ちになった経験は多くの人がしているはずです。
いっそ潔く短髪にした方が良いとか、そのままの姿でおかしくはないのに、と思う人も多いことを考えれば、自分にもその選択肢があるのではと検討するのも、一つの手です。

若ハゲ男子に似合う髪型とは?

若ハゲ男子は、とてもデリケートなコンプレックスを常に周りに感じるような気持ちになることがあります。
これは髪の毛が薄いイコール格好悪いという意識から来ていることが多いですが、潔く短髪にするとか、いっそ剃ってしまうのは実は良い手であることを理解すべきです。

おでこが広くなっている人が髪を短く刈り込み、ヒゲを少し伸ばしている姿を見て、見た目に不快な思いをする人は少ないです。
むしろ格好良いとか、おしゃれだという印象を抱きます。
そんな人を見た時、ハゲは気になりません。
気になるとしても、言われてみると薄いかな、程度です。

髪の毛が薄くなって来た時に目指すのは正にここで、ハゲをあえてあまり隠さないことで、逆に目立たせない方法を探すべきです。
意識的に見ていれば、そんな人が意外と多いことに気がつきます。
こうなりたいなと思える人を見つけて、真似をしてみると良いです。
頭の形の良い人は、スキンヘッドも考慮に入れるのも一つの選択肢です。

髪の毛がハゲてこようとも、その人の魅力には大した影響を与えないという基本的なことを理解しているかどうかで振る舞いは全く変わってきます。
むしろ堂々と変化を楽しむくらいの気持ちを持っている人は、より魅力的に見えます。
若くしてハゲてしまったことさえもポジティブに捉え、前向きに髪型を楽しむことが、周りに格好良い印象を与えるコツです。