何歳までが若ハゲって呼ばれるの?

若ハゲで悩む男性若ハゲという言葉を耳にした時に、一体、何歳から何歳までがそう呼ばれるのかと気になる方はいるはずです。
若ハゲは年の割に髪が薄くなってしまっているということですので、ただの薄毛よりもマイナスイメージが強いと感じるかもしれません。
そのため、薄毛が気になっている場合、自分がただのハゲなのか、若ハゲなのかは大きな問題となることもあるはずです。
そこで考えたいのが、どの年代からどの年代までがそう呼ばれるのかということです。
これを考えるには、まずその年代の持つイメージを考えるとよいでしょう。

例えば、10代後半から20代前半で薄毛が目立ち始めるというイメージを持つ方は少ないはずです。
つまり、これはその年代で髪が薄くなることは珍しいということになりますので、この年代で髪が薄くなった自覚があった場合は、若ハゲにあてはまるといえるでしょう。
また20代後半のイメージになると、若干、地肌が見えてきたりする人が増えてくるなど人によっては髪の悩みを抱えることもあるはずです。
それでも人数的にはまだ少ないといえますので20代後半の薄毛もあてはまるといえます。
次に30代前半の場合ですが、20代後半から若干、抜け毛や薄毛が気になり30代に入って髪の量が一気に減ってしまうということは珍しくありません。
ただこの年代は健康な髪を保ち続けている人と薄毛になってしまっている人の差が明確に出ることが多い年代でもあります。
一般的なイメージでは、まだ薄毛は少ないと考えられます。
ですので、やはり30代前半で薄毛になった場合は、若ハゲにあてはまる年代といえるでしょう。

しかし、30代後半になると、多くの方がこれまでと違う髪の変化を感じ始める時期にあてはまりますので、イメージ的にも薄毛はもう珍しいことではないといえます。
これは性別に関係なく起こりえることですので、人によってはもうこの年代の薄毛は若ハゲにはあてはまらないと考える方も出てきてもおかしくはありません。
ただし、世間的にはまだ30代後半は若いと考える方も少なくないことから、ぎりぎり若ハゲと呼べる年代にはあてはまるのです。

このように年代別のイメージで考えていくと、10代後半では若ハゲと呼ばれるのはその年代で髪が薄くなることが珍しいでしょう。
髪が薄くなるのが珍しくなくても、世間的な目ではまだ若いとされる30代後半までといえ、それ以降の年代はただの薄毛ということになるはずです。

一般的に40代はもう若ハゲとは呼ばれない

昨今は40代でも若々しさを保っている人が多いのですが、だからといって、この年代の薄毛はもう若ハゲと呼ばれることはありません。
なぜなら、40代は老化の真っ只中にあり、薄毛が目立つようになる人が多いからです。
40代以前の年代では、髪が薄くなっている人の方が珍しかったのですが、40代になると髪が薄くなっていない人の方が珍しくなるのです。

これは大手かつらメーカーや発毛クリニックなどのデータなどからもわかっており、40代になって薄毛が気になりはじめたという人の割合は32%ほどで、この割合は30代の人の3倍強、20代の人の5倍にもなるといわれています。
これを人数で換算すると、40代のおよそ3人に1人が薄毛に悩んでいるということになりますので、40代になるとハゲは決して珍しいものではないといえるのです。
このようなことから考えても、一般的なイメージとしても、40代で髪が薄くなった時に、その状態を若ハゲと呼ばれることはありえないといえるでしょう。
ただどちらにしても薄毛は放っておいても改善されるものではなく、人によっては大きな悩みとなりえるものですので、育毛剤が購入出来るサイトへのリンクも紹介しますので、ご確認ください。気になった時には早めに育毛などの対策をとることが必要といえます。