ハゲる人に多くみられる生活習慣

プロペシアがある通販サイト
↑ハゲたなら今すぐプロペシアを使うべき

若ハゲに悩まされる男性の頭近年は若い男性であっても頭がハゲてしまう方が急増していて、その年代は20代であっても無関係とはいえない状況になってきました。
この20代などの男性に多く引き起こされる若ハゲですが、そんな若ハゲが引き起こされる原因はいくつかありますが、中でも最も重要と考えられているのが生活習慣になります。
そもそも、頭髪はミネラルやビタミン、コラーゲンなど様々な栄養素が必要となっているので、生活習慣が乱れてしまう事は、頭皮に必要な栄養素が足りなくなり若ハゲを誘発させる原因となります。
では、そんな若い男性に急増している若ハゲを引き起こす生活習慣というのは、どのような生活習慣なのでしょうか。

栄養素の不足に注意

先ほどもお伝えをした通り、頭髪の成長には様々な栄養素が必要になりますので、栄養の摂取が不足していると、進行させる原因となってしまいます。
しかし、栄養が不足していると言われても、どんな栄養が必要なのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
巷ではハゲには海藻が良いという事が言われていますが、これは半分正しくて半分間違っていると言えます。
頭髪の主成分は海藻に豊富に含まれているたんぱく質の一種であるアミノ酸ですので、確かに頭髪の成長を促すには欠かすことのできない栄養素となっています。
ただ何度もお伝えをしている通り、それだけで頭髪が成長していくだけではありません。

頭皮に必要な栄養素まとめ

  • たんぱく質
  • アミノ酸

欠かせない栄養素

そもそも栄養素というものは、それひとつの成分で効果を発揮するのではなく、複数の栄養素がお互いを助け合いながら、効果を発揮します。
ですので、海藻に含まれるアミノ酸は欠かすことのできな栄養素ではありますが、この他にもビタミンやコラーゲンも欠かすことのできない栄養素となっています。
簡単に言ってしまえば、様々な栄養素をバランス良く摂取できていないような食生活をしていると、若い男性であってもハゲてしまう事があります。
頭髪の成長に欠かすことのできない栄養素の摂取は必要不可欠ですが、他にも重要なことがあり、それはその摂取した栄養素を頭皮に届けることです。
ところが頭皮にある血管は非常に細い毛細血管ですので、血液がドロドロになるような生活習慣を送っている方もハゲる原因となっています。

さらに欠かせない栄養素まとめ

  • ビタミン類
  • コラーゲン

揚げ物に注意

例えば、揚げ物や肉料理を中心とした食生活を送り、その上にビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜の摂取が少ない方は要注意です。
揚げ物や肉を中心とした食生活は血管をドロドロにしてしまいますので、頭皮にある細い血管では、栄養素が届けられない恐れがあります。
そして緑黄色野菜の摂取が少ないと、そもそも頭髪の成長に必要な栄養素が足りていない可能性がありますので、どちらか一つでも当てはまれば注意が必要で、両方とも当てはまる方は非常に危険です。
この他にも、ハゲてしまう方に多い生活習慣は、あまり運動をしないなどが挙げられますが、これも頭皮にある毛細血管に栄養が届けられない原因となっているからです。
大切なことは必要な栄養素をしっかりと摂取することと、その摂取した栄養素をしっかりと頭皮に届ける生活習慣を送ることです。

ストレスもハゲる原因になる可能性が

若い男がハゲてしまう原因としては、生活習慣の乱れが大きな要因となっているのですが、これと同じぐらい重要なことがストレスになります。
特に近年は人間関係も複雑になったり、仕事などの忙しい毎日によって大きなストレスを抱えている方が少なくありません。
ではストレスが頭皮にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか見ていきましょう。

ストレスは自律神経に影響を与える

人間の身体はストレスを受けることで、自律神経の1つである交感神経の働きが活発になります。
その交感神経が活溌に働くことで心臓の動きも活発になります。
すると血圧が上昇して、たくさんの血液を送り出すことができるようになります。
そうなればたくさんの栄養素が頭皮に届けられますので、適度なストレスであれば何の問題もないどころか、健康維持には欠かすことのできないものでもあります。

慢性的なストレスは対処が必要

ところが、過度なストレスを慢性的に受けてしまうと話は変わってきます。
過度なストレスを慢性的に受けることで、先ほどとは逆に血管が収縮してしまい、血行不良に陥る可能性があります。
すると頭髪の成長に欠かすことのできない栄養素が正しく届けられなくなり、ハゲる原因となってしまいます。
それだけではなく、体が過度なストレスを受けてしまうと、そのストレスに対処しようと非常に多くの栄養やエネルギーを消費してしまいます
とは言っても脳や内臓などの生命維持に欠かすことのできない栄養素をストレスの対処に使う事はできません。
すると、頭皮や頭髪に使うはずの栄養素やエネルギーをストレスの解消に利用しようとして、その結果ハゲに繋がってしまうという事です。

ストレスの負のスパイラル

人間の身体は髪の毛が無くなったとしても命にかかわることはありません。
ですので脳が髪の毛への栄養配分を大幅に減らすように命令を出して、生命維持に栄養とエネルギーを消費します。
こうなると頭髪の成長を支えている毛乳頭や毛母細胞が本来の働きを失ってしまい、若い男性であってもハゲてしまいます。
ストレスが引き起こすことはこれだけではありません。
ストレスによって他の障害なども発生して、それがさらにハゲを進行させる恐れもあります。
例えば睡眠不足や睡眠障害、食欲不振、暴飲暴食などの症状もストレスによって引き起こされることがあり、これらの症状によってもハゲる原因が隠れています。
他にも、頭髪の成長は睡眠中に活発に行われる為、睡眠不足になると正しく髪の毛が成長しなくなり、ハゲてしまいます。

食事に関しては生活習慣に関する事でもお伝えをした通り、髪の毛の成長には様々な栄養バランスの摂取を欠かすことができません。
ですので、食欲不振になると必要な栄養素の摂取が足りなくて髪の毛が成長しなくなり、逆に暴飲暴食が進むと、栄養バランスが乱れてしまい結果として髪の毛の成長を妨げる恐れがあります。
また髪の毛の成長にはホルモンバランスも重要な要素となっているのですが、これもストレスやストレスによって引き起こされる睡眠障害、食欲不振、暴飲暴食によってバランスが崩れてしまいます。
このようにストレスという1つの要因がハゲにつながるその他の要因を誘発してしまいますので、過度なストレスは適切に対処する必要があります。

ストレスの原因まとめ

  • 睡眠不足
  • 睡眠障害
  • 食欲不振
  • 暴飲暴食
  • 人間関係
  • 過剰労働

遺伝でハゲるってホント!?

若い男性がハゲる原因として大きいのは生活習慣やストレスが挙げられますが、その他にも遺伝によってハゲるという事を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
この遺伝によるハゲは様々な事が言われていて、結局なところ何が真実なのか分からない方が多いかもしれませんが、確かにハゲは遺伝をするという事が近年分かってきました。
一般的には父親がハゲていると、どの子供もハゲるといったことが言われていますが、実は父親よりも母親の方が頭髪に関する遺伝の影響は強いことことも分かってきたのです。
2005年にフランスの研究チームが、ハゲと遺伝に関して新たな発見をしました。
その内容はハゲる人のX染色体にある男性ホルモンの受容体と遺伝子に異変が見られたというものです。
これだけを聞くと良く分からないですが、簡単に言うとハゲる人とハゲない人を比較するとX染色体にある男性ホルモンの受容体に大きな違いがあり、その違いこそがハゲる遺伝子である可能性が高いという事です。

母親の遺伝子に関係している

何故そのことが父親からではなく、母親からの遺伝の可能性を示唆しているのかというと、母親はこのX染色体しか持っていませんので、子供に遺伝するX染色体は母親から提供されていることになります。
その母親だけから遺伝しているX染色体がハゲる原因になっているという事は、ハゲるかハゲないかの分かれ目は、父親ではなく母親の遺伝子が大きく関係していることを示唆しています。
では、母親がハゲていなければ、その子供もハゲる遺伝子を持っていないのかというと、そうではありません。
そもそもが頭髪の悩みの多くは男性で、これはホルモンが関係していて、CMなどでも良く耳にするAGAも男性ホルモンの分泌が過剰になる事で引き起こされます。
ですので、母親は仮に薄毛になりやすい遺伝子を持っていたとしても、必ずしもハゲてしまうという事ではありません
では、母親に薄毛の遺伝子が入っているのかを調べる方法ですが、これは母方のおじいちゃん、つまり母方の祖父の頭髪を見ることで判断することができます。
よくハゲは隔世遺伝することがあると言われていますが、これは母方の祖父から薄毛の遺伝子を受け継ぐから、そのように言われています。
なので、もしも母方の祖父が若いころから頭髪が薄かった場合には、その家系は薄毛の遺伝子を持っている可能性がありますので、その家系の男性は同じくハゲてしまう可能性が高くなるという事です。
逆に母方の祖父が、若いころにハゲていないようであれば、その家系の男性も薄毛になる遺伝子が含まれていない可能性が高くなりますので、ひとまず安心して良いでしょう。
もちろん、AGAは遺伝も多いですが治療もできます。
大切なことは原因を知った上で治療していくことですので、治療は自分の薄毛が遺伝なのかを事前に調べてから行いましょう。

もう一つの薄毛遺伝子

そして、もう一つの薄毛遺伝子と言われているものがあり、それは5αリダクターゼと言う還元酵素の活動力の高さになります。
この5αリダクターゼの活動力が高いと、男性ホルモンであるテストステロンとの結合が活発化して、薄毛の原因となっているDHTの生成量を増加させます
そうなると、薄毛の原因としてよく耳にするAGAと呼ばれる病気を発症してしまいますが、これらの遺伝子は専門機関で検査をすることで調べることができますので、気になる方は検査を受けてみてはいかがでしょうか。

ヘアカラーは頭皮も傷つけている

これまで生活習慣やストレス、さらには遺伝子によってもハゲてしまう可能性がある事をお伝えしましたが、当然外からの刺激によっても誘発させる恐れがあります。
中でも若い男性に多いのがヘアカラーによる薄毛ですが、これはヘアカラーに使用する薬剤が頭皮にダメージを与えてしまい、その結果ハゲてしまうという事です。
頭皮へのダメージは頭皮のかゆみなどの症状を引き起こすことがあります。
頭を掻くと更に悪化していくことに繋がります。
ヘアカラーと一言で言っても、その方法は様々あり、それぞれの方法には異なる副作用がありますので、正し知識を身に付けて行うことが大切になります。

ブリーチ

まずは自宅でも手軽に行えるブリーチですが、これは髪の毛の内部のメラニン色素を分解して髪の毛を明るくしてくれますので、簡単に言うと脱色をしているという事です。
一度脱色をすると、元に戻ることはなく、次の毛が生えてくるまでは色を持続させることができますが、それと同時に髪の毛に必要な栄養素も失いますので頭髪に与えるダメージも大きくなります。
また薬液が頭皮に付着してしまうと、頭皮が傷んでしまう事がありますので、ただし方法で行わなければ、ハゲる原因になることがあります。
頭皮のかゆみは危険信号の証なので、もしも頭皮が痛んでそのような症状が見られた場合は使用を控えたほうがいいでしょう。

ヘアカラー

ブリーチと同じく脱色をして、その上に色を加えるというのが一般的にはヘアカラーと呼ばれる方法になります。
これもブリーチと同様にメラニン色素を分解していきますので、それによって頭髪に大切な栄養素も失ってしまいます。
それによって悪影響を及ぼしてしまう可能性があるのですが、それに加えてヘアカラーの場合には、色を入れていきますので、そのヘアカラーに使用される成分が悪影響を及ぼす恐れも出てきます。
例えば、ヘアカラーにパラフェニレンジアミンという成分が使用されている場合には、頭皮にも強いダメージを与えてしまったり、中には急性ショック症状を引き起こす可能性もある、刺激の強い成分になります。
ですので、ヘアカラーを行う際には含まれている成分にも注目をして、できるだけ頭皮や頭髪に刺激の少ない成分を使用しているヘアカラー剤を選ぶようにしてください

ヘアマニキュア

近年はヘアマニキュアと呼ばれる方法でカラーリングをする方もいますが、これはブリーチやヘアカラーなどとは異なり、メラニンを分解することなく髪の毛の表面に色をコーティングすることで、髪の毛を染める方法になります。
この方法であれば、頭皮に与えるダメージも少なく、さらに髪の毛をコーディングしてくれますので、紫外線からの刺激から髪の毛を守る役割を果たしてくれます。
ですので、他のカラーリングよりもハゲにつながる可能性が低く、安全にカラーリングをすることができるのですが、デメリットとしては色持ちが悪く、1か月程度で元の状態へと戻ってしまいます。

結論

このように、ヘアカラーによってもハゲを進行させる可能性があります
大切なことは正し使い方をして、少しでも頭皮に与えるダメージを少なくさせることです。
その為には、自宅で行うよりも美容室などでプロの方にカラーリングをしてもらった方が、色ムラがないだけではなく、頭皮に与えるダメージも少ないので、もしもカラーリングをする場合には美容室などで行うようにしてください。